毛皮を知ろう(加工編5)

   2015/10/27

毛皮はどのようにしてできているのか。相当お好きな方、または専門のアパレルなどのお仕事に就いている方はご存じかもしれませんが、ご自宅に数着毛皮をお持ちの方くらですと、なかなか毛皮について詳しく知る機会がないかと思います。毛皮の加工方法をお伝えすることで、少しでも知識として入れて頂き、今後の新しくご購入される毛皮を選ぶ参考にして頂いたり、買取を検討して頂く場合にも役に立つと思います。今回はグルーピングという下方方法をご紹介していきます。

グルーピングとは、毛皮の色々な形の溝模様を作成することをいいます。そのために毛を刈る、溶かすといったことをしていきます。毛を刈る方法は、特殊なシェアリングマシンを使用して、毛皮に刃を近づけたり遠ざけたりすることで、毛に段差をつけていきます。これを段刈りともいいます。また、特殊なバリカンを使用する方法をカービングといい、シェアリングよりも細かい柄を作成する際に使用していきます。とても高度なテクニックになります。そして、毛を溶かす方法ですが、毛を溶かす薬品糊を毛にプリントして毛を溶かし、洗い流すと模様ができるようになっていて、スクリーンプリント方式といいます。これらの3つの方法で、作成する柄に応じて使い分けられています。

今こそ毛皮を売るチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket