毛皮の種類5(セーブル編)

 

ご自分がお持ちの毛皮、種類をよくご存じでしょうか。機会がないとご自分の毛皮の事を知ることはないかと思います。高価で大切な毛皮ですので、できれば知って頂き、今後の使用に役立てて頂く、もし買取を希望される場合は、相場を知って頂けるように、お手伝いをさせて頂きたいと思います。今回は毛皮ではよく耳にするセーブルをご紹介していきますので、参考になさってください。

セーブルの日本名は黒テンです。よくロシアンセーブルと呼ばれています。ロシア(シベリア地域全体、カムチャッカ、及び養殖種を含む)で生息しています。毛皮の中でも最高級で品質も良く、高価な素材として使用されています。色はベージュに近い色から濃茶色まで様々で、生息地域により色は異なる。最も濃い茶色は養殖種です。その中でも、シルバリータイプというところどころに白い刺し毛が混じっているのは稀少価値が高いです。軽くて耐久性や保温力にも優れています。毛足は長く、とても柔らかくしなやかで光沢があります。

ロシアンセーブルに似ているとされているマーテンは、アメリカやカナダで産出され、品質では劣りますが、アメリカンセーブル、カナディアンセーブルと呼ばれ、それぞれ黒褐色に染色されて使用されている。

今こそ毛皮を売るチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket