毛皮の取扱い3

 

毛皮をお持ちの方、これから着る機会が多くなってくると思います。お手入れはちゃんとできていますでしょうか。普段の取扱いを気を付けていることで、ずっと綺麗に着れますし、長持ちもします。何より今後もしお売りすることがあった場合に高価買取につながります。そのために、毛皮を着用した際の注意点をご紹介していきます。今回は摩擦とにおいについてです。

まず摩擦ですが、毛皮を着用した際のブレスレットや腕時計による袖口のスレ、ショルダーバックによる摩擦には十分注意をしてください。それだけでなく、長時間の車の運転やバイク、自転車に乗ることも、摩擦による毛のスレや折れの原因となりますのでご注意ください。そんなに気にしていられないという方は結構ですが、丁寧に使用したいと思う方は、長時間の運転時などは脱いで行うことをお勧めします。また、外出時のバイクや自転車などでは、毛皮以外の物を着用するようにしても良いかもしれません。ずっと気を使っているとストレスかと思いますので、ほどほどにしてみてください。

また、においについてですが、毛皮はにおいを吸収しやすい性質を持っていますので、毛皮を着た状態での香水やヘアスプレーをつけてしまうと、毛皮につく恐れがありますので、着る前に行いましょう。毛皮についてしまうと、薬品が化学反応を起こすこともあり、黄変などのシミの原因にもなります。他にもタバコや防虫剤のにおいなどにも注意が必要です。

今こそ毛皮を売るチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket