査定価格の高い毛皮

 

ご自分でお持ちの毛皮を売ろうとお考えの方、自分の毛皮がどの程度の価値があるのか、詳しい方でしたら、大体お分かりかもしれませんが、頂き物を持っていらっしゃるですとか、一点持っているだけですと、あまり価値がわかりませんよね。そんな方のために、毛皮買取の評価が高くなる毛皮はどのような物なのかをご紹介していきますので、参考になさって下さい。

毛皮は良い毛ほど価値が高く、高値で売れる可能性があります。その良い毛皮としての条件とは何でしょうか。まず、差し毛と綿毛のバランスが良いことが挙げられます。差し毛という毛の中心にある物で、その差し毛のまわりを囲っているのが数本の綿毛です。この綿毛が、差し毛のまわりに多くあることが重要で、綿毛の密度が高い毛皮が良い毛皮の条件でもあります。毛皮専門の鑑定士はこの点もしっかりチェックし、査定価格の上がるポイントともなります。毛皮が全て、そうではありません。

中には、同じミンクでも毛付きのものもあれば、刈毛してあるミンクもあります。前者は買取価格が期待できますが、後者は残念ながらあまり期待はできません。しかし、アメリカンレジェンドのようなわざと刈毛してあるミンクの毛皮もあります。人気の差も多少関係しているようです。
最後に、お持ちのようであれば、買取をしてもらい際には、保証書があるようでしたら一緒に出してください。毛皮製品の内容の裏付けになります。

今こそ毛皮を売るチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket