毛皮の簡単なお手入れ方法

 

毛皮はずっと大切に着る方と、大切ではあるけれども着なくなる方がいます。着なくなる方の中には、サイズアウトしてしまった方、もう古くなってしまった方など理由は様々ですが、ずっと着ない毛皮をタンスの肥やしにしておくのは勿体ないですよね。そこで、考えて頂きたいのがリサイクルです。できれば、毛皮専門の買取業者さんに依頼して、1円でも高く大切な毛皮を売りたいですね。そのためには、毛皮の状態は良い方が査定価格が上がりますので、ご自分で簡単にできる日頃のお手入れ方法をご紹介していきます。

まず、毛皮を使用した後には、ほこりを取るようにしましょう。毛皮の毛と毛の間にほこりがつきやすく、1回使用しただけでも、ほこりはついてしまいます。ほこりが残った状態で保管してしまうと、毛抜きの原因になりますので、面倒ではありますが、着た後には必ずほこりを取ってください。

次に、汚れてしまった場合には、塗れたタオルで毛並に沿って拭くようにしてください。その後は、ハンガーにかけて自然乾燥です。雨に濡れた場合も同様ですが、渇いたタオルで一度毛並に沿って拭いた後に自然乾燥するようにしてください。また、長時間使用した後は、毛癖がついている場合があります。その時には、塗れたタオルで毛を湿らせて、金ぐしで毛並を整えながらとかしていきます。

そして、火や匂いも天敵です。たばこ、外食、ストーブなど注意してください。香水やヘアスプレーなども注意してください。毛皮は匂いを吸収しやすいので、直接毛皮に当たらないように気をつけて使用してください。
こうした、日頃のお手入れが査定価格に大きく関わってきますので、いつかは毛皮を手放すと思っている方は、大切に扱うようにしていきましょう。

今こそ毛皮を売るチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket