正しい毛皮買取業者を選ぼう

 

もう着ない、クローゼットにずっと閉まったままで邪魔だ、毛皮を売ろうと思っている方はいらっしゃると思います。出来れば良い業者に出会い、なるべく高く買い取ってもらいたいですよね。毛皮専門の買取業者はいくつもあり、業者によって対応や査定額も様々ですので、ご自分に一番合う業者を選ぶようにしていきましょう。

業者を選ぶ際に、何点か注意点がありますが、今回は買取可能範囲について特化していきます。
何も下調べなしで売りにいってしまうと、最悪ご自分の毛皮が買取対象外であったという事もありますので、事前に買取可能範囲を調べておくことをお勧めします。

まずは、取扱いブランドです。ご自分の毛皮が該当するかどうか、業者に電話で問い合わせ、ホームページで調べるようにしてください。シャネル、フェンディ、クリスチャン・ディオール、ルイ・ヴィトン、グッチ、プラダ、フェラガモなどの有名ブランドであれば、どこでも取り扱っていますが、マイナーブランドやノーブランドは取扱いのない業者もありますので、ご注意ください。毛皮専門店であれば、取扱いのある可能性は高いですので、参考にしてください。

毛皮でも、ミンク、セーブル、チンチラ、フォックス、ブロードテール、リンクス、ラビットなど様々な種類があります。毛皮の種類によっても買取を取り扱っているかが異なりますので、同様に調べてから出向くようにしてください。そして、最後に毛皮の状態に応じての取扱いも有無があります。お持ちの毛皮の状態によって買取拒否をされる場合もありますので、確認をした上でどこに売るのかを見極めていきましょう。毛皮のシミ、虫食い、水濡れなどで買い取ってくれる業者、買取拒否の業者もあります。

今こそ毛皮を売るチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket