毛皮の保管とメンテナンス

 

クローゼットに眠っている毛皮、来年はもう着ないと思っている毛皮をどうにかしたいと思っている方は必見です。

毛皮は出来る限り良い状態の方が高く売れます。ですので、ちゃんとした保管方法とメンテナンスをしておけば、綺麗なままの状態でいつ売りに出しても大丈夫です。では、保管方法とメンテナンスはどのようにしていけば良いのかをご紹介していきます。

まず、毛皮は日光が当たらない場所に通気性の良いカバーをかけて保管するようにしてください。防虫剤は数種類をいっぺんに使用すると化学反応を起こしてしまい、シミの原因となってしまいますので、1種類のみを使用します。除湿剤は、毛皮が硬くなる恐れがありますので、ご注意ください。また、型崩れ防止のためにハンガーにかけ、間隔を空けて通気性の良いようにして吊るしましょう。シワが気になる場合は、アイロンをかけると熱に弱いので毛が硬くなってしまう可能性を防ぐために、クリーニングに出すことをお勧めします。

次に、メンテナンス方法ですが、毛皮の毛癖を直して売ると査定額が高くなる可能性がありますので、毛癖を直して出します。毛癖の部分を軽く濡らし、手で毛並を揃えて日陰干しをすると直ります。
飲み物をこぼしてしまった場合は、甘い飲み物ですと虫食いの原因となりますので、水分をしっかりと吸い取り、絞ったタオルで汚れた部分を軽く叩いて汚れを取るようにしてください。甘くない水分であっても、タオルで優しく拭き取り、日陰で自然乾燥していきましょう。日頃のお手入れで査定額が少しでも高くなるようにできることはしていきましょう。

今こそ毛皮を売るチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket