毛皮が売れるか心配な方へ

 

毛皮を売りたいと思っている方、自分の毛皮の状態や購入からの年数を考えると、本当に売れるのか心配という方も中にはいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、本日は毛皮でも業者が買取できない、高価買取が難しい毛皮をご紹介していきますので、参考にして頂ければと思います。

まず、買取ができない毛皮とは、スエード素材の物、フェイクファーの物、着用が困難な物、大量に毛が抜けてしまう物、全体的に破れが酷い物などです。こういった商品はどこにいっても取り扱ってはもらいないと思います。
また、ブランドでも高級ブランドであれば買取をしますが、ノーブランドでは買取を拒否される場合もあります。ノーブランドを買い取ってくれる業者は少ないので、事前に調べておくと良いでしょう。電話で問い合わせをすると確実です。
偽ブランドも同様です。偽だと分かった時点で買取拒否、購入経路を詳しく聞かれるなどがあるようです。

値段がつきにくい毛皮は、ほつれがある物、カビが生えている物、リフォームした物、変色している物、毛がこすれて剥げている物、ぺったんこになっている物、毛に癖がついている物、 匂いのついている物、デザインが古い物、刺繍入りの物、汗シミのある物などです。これらは、買取はしてくれても高額にはなりにくいです。

売れるかどうかが心配な場合は、まずオンラインの査定を利用してみてはいかがでしょうか。そこで金額がつけば、他の業者でも査定してもらい、一番高くつく業者にお願いできると良いですね。
また、買取を拒否された場合でも他の業者では買い取ってもらえる事もありますので、諦めずにいくつか当たってみましょう。買取業者ではどうしても売れない場合は、ネットオークションに出品したり、フリーマーケットなどに出してみるのも良いかもしれません。

今こそ毛皮を売るチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket